マッチングアプリでの恋活のテクニック!嘘と、盛る、は違いをしっておこう!

マッチングアプリでの恋活のテクニック!嘘と、盛る、は違いを知っておこう!

嘘,マッチングアプリ,盛る

 

 

嘘と盛るの違いについて詳しく説明していこうと思います。

 

 

いままで、プロフィール作成のポイント!

 

顔写真は最も大切!どんな写真を選べばいい?

 

で、説明していきましたが、

 

 

 

 

あなたをよりよく見せるために、

 

”盛る”というのは、メールのやり取りを発展させるために大事なポイントとなります。

 

 

 

 

もちろん、大前提に、盛らなくてもよければ、

 

この記事は飛ばしてください。

 

 

 

 

ただ、発展させるためのテクニックとして、

 

知っていただければと思いますので、

 

是非、参考にしてみてください。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

写真の修正をおこなうこともいわば、盛っている。ということ!

 

嘘,マッチングアプリ,盛る

 

写真の修正が盛っているということは、

 

文章そのままの意味ですが、

 

 

 

 

もしそれも嘘とゆう話になるのならば、

 

証明写真限定のマッチングアプリを登録するしかないです。

 

なので、まず、好印象を思われるためには写真から、

 

あなたは盛っているということになってしまいます。

 

 

 

 

そして、大前提に、嘘をつくことはダメです!

 

ただ、写真があなた本人で、それをより、よく思われたいのなら、

 

修正しても問題はない(盛る。)ということです。

 

 

 

 

写真に関しては、いくらでもいまは加工アプリもありますので、

 

より良くみせることは可能だと思いますので、

 

是非、それはやるべきだと思います。

 

 

 

 

ただ、加工しすぎてしまい、逆に違和感のある写真になってしまったり、

 

もう別人のようになってしまうようなら、

 

それはやらないほうがいいです。

 

 

 

 

それは、プロフィール作成に関しても同じ。

 

嘘,マッチングアプリ,盛る

 

そして、プロフィール作成においてもそのことは言えます。

 

 

例を挙げるのであれば、身長に関してです。

 

〜盛る〜

身長が168cmの男性ならば、

 

実際身長は、測り方によって、違う時もあります。

 

それを逆手に取り、170cmとプロフィールには表記してしまっても、

 

誤差の範囲です。これが”盛る”です。

 

 

 

〜嘘〜

もちろん、160cmの男性が、170cmと表記する。これは、”嘘”です。

 

 

 

 

”盛る”テクニックで一番使えるのは趣味!!

 

嘘,マッチングアプリ,盛る

 

 

趣味というものは、”好き”の基準が広いです。

 

これを上手に使いましょう!

 

 

 

例えば、好きなアーティストがいたら・・。

その、ライブを見に行くほど好きなのか?

 

それとも、ライブにはいかないが、テレビに出てたら見るくらいなのか・・。

 

 

 

人によって、”好き”の度合いというものが、大きく違います。

 

 

 

なので、これを逆手に取り、

 

異性受けするもの(美容やディズニー、食事など。)が好き!!

 

とアピールしましょう!(ある程度好きなことを前提。)

 

 

 

 

そうすることで、

 

あなたの”好き”は、薄くても、”好きは好き”なのです。

 

 

 

 

そして、その”好き”をきっかけに気になる異性から、

 

あなたに関心がむいたり、その後の会話を広げることもできることにつながります。

 

 

 

 

趣味に関しては”好き”という幅が広いからこそ、

 

うまく”盛る”ことで、大きな発展をつかむこともできます!

 

 

 

 

その後、ネットで検索すれば、むこうの”好き”の情報に、

 

ある程度は、ついていくことができます。

 

 

 

 

趣味に関しては”好き”という幅が広いからこそ、

 

うまく”盛る”ことで、大きな発展をつかむこともできます!

 

 

 

 

0から始まる嘘は絶対にダメ! 1ある事実をプラスに持っていくのは、テクニックとしては上手に活用するべき!

 

嘘,マッチングアプリ,盛る

 

 

”盛る”ことに関して説明していきましたが、

 

 

ただ、限度を考え、その盛ったことに対して、

 

責任が取れないのであれば、絶対にやめてください。

 

 

 

 

※最後に、盛ることを推奨しているわけではありません。

 

 

 

ただ、”馬鹿正直すぎるのも損をする”

 

ということを、知っておいてほしいので、この記事を作りました。

 

 

 

次に、アプローチ数は最重要!?

 

スポンサードリンク
page top